@ogurifutoshi
Verified Account

小栗太@日経


@ogurifutoshi

Tweets:


13.906

Followers:


11.903

Following:


78

List:


425

Favourites:


22
Location:岐阜→愛知→大阪→愛媛→東京→NY→東京
Language:ja
Created at:2012/06/21 06:10:44 (+0 UTC)
Website:https://pr.nikkei.com/nikkei_briefing1903/?n_cid=LPINF013

日本経済新聞の編集委員兼キャスターです。1994年からマーケット取材を始めて25年、四半世紀になりました。マーケットの先を読む日経ニューズレター「beyond Markets」の配信開始。登録は下記アドレスからお願いします。bsテレ東「日経プラス10」にも出演中。ツイートは個人の意見です。

@ogurifutoshi
小栗太@日経
@ogurifutoshi

ボラティリティー低下後に為替相場が急変動する経験則は過去にも観測されている。根拠に乏しいアノマリーだが、機械取引全盛の為替市場でaiが経験則をどう織り込むかは全く読めない。「通貨トレーダー、ドルの大きな動きに備えよ 10%超える上…

-
6
2
@ogurifutoshi
小栗太@日経
@ogurifutoshi

1月3日のアップル・ショックの経験もあり、ファンダメンタルズから外れた為替相場の乱高下は時間を経て元に戻る可能性が高い。日米tag交渉のさなかに、実弾(為替介入)を撃つ事態は避けたいところ。「当局、10連休中の市場監視強化 取引所…

-
6
2
@ogurifutoshi
小栗太@日経
@ogurifutoshi

補助なしで暮らせる健康寿命は女性でも75歳程度。残念ながら平均寿命との差はさほど縮まっていない。75歳以上の世帯が4分の1を占める時代、日本の介護需要が急膨張する事態は想像に難くない。「2040年の世帯数は5075万世帯、15年比…

-
4
1
@ogurifutoshi
小栗太@日経
@ogurifutoshi

10連休スタートを1週間後に控え、日経平均は昨年10月初めの2万4000円台から昨年末の2万円割れを経て、ちょうど中間の2万2000円台に収れん。市場参加者は連休前に持ち高の偏りを調整している様子。「日経平均反発、終値110円高の…

-
7
0
@ogurifutoshi
小栗太@日経
@ogurifutoshi

日本がデフレに陥って以来、cpiが2%を超えたのは消費増税と原油高騰の時期だけ。政府・日銀は消費増税分を除くcpiを意識するが、そんなことは消費者に当然関係なく、今年も慣れない物価高が消費者心理を冷やすことになる事態は避けられない。

-
13
6
@ogurifutoshi
小栗太@日経
@ogurifutoshi

先の見えない超低金利政策を続ける日銀がまとめた地銀リポート。預貸業務を塞がれ、不動産ローンにすがる地銀の窮状について、物価と並んで金融システムの安定を目的に金融政策を運営する日銀が問題提起するというシニカルな構図を思い浮かべるのは…

-
19
8
@ogurifutoshi
小栗太@日経
@ogurifutoshi

中国政府の景気対策で企業の資金繰り不安が薄れ、経済減速に歯止めがかかった。ただリーマン・ショック時と違い、景気を押し上げるような大規模政策は期待できず、いずれ息切れが見えてくる可能性が高い。「中国成長横ばい6.4% 1~3月、減速…

-
5
2
@ogurifutoshi
小栗太@日経
@ogurifutoshi

輸出のグラフを見ると、戦後最長とみられる輸出主導の景気拡大局面は明らかに終息しつつあることが分かる。あとは内需が肩代わりできているかだが、賃金・物価動向を見ると、こちらも心もとない。「3月の輸出2.4%減、対中は9.4%減 電子部…

-
40
21
@ogurifutoshi
小栗太@日経
@ogurifutoshi

2018年度の貿易収支は3年ぶりに赤字に。これが構造的な輸出大国からの転換なのか、景気減速による輸出鈍化による影響なのか、詳細に見極める必要がある。直感的には構造面の影響が大きいと思うが…。「3月の輸出2.4%減、対中は9.4%減…

-
17
2
@ogurifutoshi
小栗太@日経
@ogurifutoshi

日銀の大株主化は上場企業にとって、もろ刃の剣。「物言わぬ」安定株主という現在の安心感の半面、デフレ解消に向かえば資金がいずれ抜けていく将来の不安感も抱え込む。「日銀、日本株の最大株主に 来年末にも」:日経電子版

-
14
5
@ogurifutoshi
小栗太@日経
@ogurifutoshi

これまで「原材料費・人件費の高騰→メーカーの値上げ→消費者の節約→流通業者の値下げ」の構図が何度繰り返されてきたことか。好景気期待が醸成されないままの値上げは、企業の利ざやを削り、デフレ経済を長期化させる。「値上げの春 上げるなら…

-
9
5
@ogurifutoshi
小栗太@日経
@ogurifutoshi

16世紀から続くフレンチの名店「トゥール・ダルジャン」の特等席は、借景にセーヌ川越しのノートルダム寺院を抱く。パリの誇りであり、魂でもある建造物が炎に包まれる姿は衝撃的で、悲劇的。一日一刻も早い修復を祈ります。「パリ ノートルダム…

-
13
6
@ogurifutoshi
小栗太@日経
@ogurifutoshi

Rt @webkanpr: まずは、マーケットの深層を解説する「beyond Markets」の筆者、小栗太です。趣味はスター・ウォーズと家庭菜園、ポケモンgo。中でもスター・ウォーズは日米で出版された約500冊の小説を残らず集める熱の入れようです。写真はコレクションのごく一部…

-
0
2
@ogurifutoshi
小栗太@日経
@ogurifutoshi

為替市場には大きな構造変化が起きている。1つは先進国の成長鈍化に伴う低インフレの定着、もう1つは機械取引が招くファンダメンタルズ要因を前提としない取引の拡大。一方は相場停滞、もう一方は乱高下を招く。こうした変化を若い頭脳がどう読み…

-
44
6
@ogurifutoshi
小栗太@日経
@ogurifutoshi

豪雨災害に見舞われた愛媛県吉田地区で生まれたミカンの新品種「紅プリンセス」。ゼリーのような食感の「紅まどんな」とシャキシャキ感が魅力の「甘平」を掛け合わせたとか。早く食べてみたい。ミカン王国復活への意志が伝わる。「愛媛で新品種『紅…

-
6
4
@ogurifutoshi
小栗太@日経
@ogurifutoshi

この年初来高値をどう評価すればいいかは難しい…。「ファストリだけで日経平均を約160円押し上げた」。「日経平均、続伸し年初来高値 159円高の2万1870円」:日経電子版

-
2
2
@ogurifutoshi
小栗太@日経
@ogurifutoshi

生産年齢人口の割合は統計開始以来最低の1950年と同率。1990年代後半にマイナスに転じて以来、加速度的な減少が続く。生産性を引き上げる手立てを講じないと、衰退国家の道をまっしぐら。

-
10
6
@ogurifutoshi
小栗太@日経
@ogurifutoshi

仏人口学者のエマニュエル・トッド氏が中国経済の将来に疑問を示した最大の理由が、記事にもある外国人労働者の争奪戦。急速に少子高齢化が進む中国の巨大人口を支えられる外国人介護の確保は難しい。中韓と人材獲得で競合する日本も他人事でない話。

-
4
1
@ogurifutoshi
小栗太@日経
@ogurifutoshi

「19年2月期の連結純利益が過去最高となったファストリだけで約160円押し上げる効果があった」。ユニクロ相場。「日経平均続伸、午前130円高 ファストリが押し上げる」:日経電子版

-
4
0
@ogurifutoshi
小栗太@日経
@ogurifutoshi

今日はポジション調整としか言いようがない日経平均の上昇。「円安を好感」と言っても111円台、減益予想を示した安川電は「減益となるのは織り込み済み」。欧米アジア株に引っ張られるわけでもなく、日米tag交渉も間近に迫るなかで、10連休…

-
31
4
@ogurifutoshi
小栗太@日経
@ogurifutoshi

マーケットの先を読む日経ニューズレター「beyond Markets」の配信開始。第1弾は日米欧金融政策の変質と相場への影響。毎週1回、日経電子版有料読者の方に無料でメールをお届けします。下記のアドレスからご登録ください。…

-
4
3
@ogurifutoshi
小栗太@日経
@ogurifutoshi

3月がヤマ場と言われた英eu離脱も米中貿易交渉も決着先送りが続く。いずれもリスク要因が後ズレしただけで、相場の地合いが改善しているわけではない。

-
12
3
@ogurifutoshi
小栗太@日経
@ogurifutoshi

マーケットの先を読むニューズレター「beyond Markets」の登録がいよいよスタート。すべてオリジナルコラムです。日経電子版の有料読者の方に無料でお届けしますので、よろしければ次のアドレスからご登録ください。…

-
2
1
@ogurifutoshi
小栗太@日経
@ogurifutoshi

設備投資の先行指標になる機械受注。市場予想の中心が2%台後半だったので、やや弱めの数字。今年の世界経済について減速や後退といった言葉が入り交じっているが、個人的には停滞という言葉がしっくりくる。経済も市場も拡大・後退せず、横ばいが…

-
29
13
@ogurifutoshi
小栗太@日経
@ogurifutoshi

imfによる世界経済予測の引き下げ直後で市場の地合いが悪いタイミング。英eu離脱問題の延長交渉がこじれれば、短期筋が一気に株式の仕掛け売りに動くリスクが大きい。

-
8
2
Load More