日本の伝統的

@adachimuseum
足立美術館
@adachimuseum

3/27は「#さくらの日」。桜は日本の代表的な樹木であり、横山大観も好んで描きました。大観は華やかなソメイヨシノではなく、ヤマザクラのような野生種の素朴な趣を好んだといいます。大観が描く儚く美しい桜の絵からは、日本の伝統的な精神や…

-
47
11
@Sankei_news
産経ニュース
@Sankei_news

その名も「ゴジラジャパン」 柔道日本代表の愛称発表  →日本発祥の柔道の伝統や力強さなどのイメージが国際的な認知度もあるゴジラと共通点があると説明  →全柔連には国内外の選手の映像…

-
116
81
@Sankei_news
産経ニュース
@Sankei_news

柔道日本代表の愛称は「ゴジラジャパン」に決定  →日本発祥の柔道の伝統や力強さなどのイメージが、今年で誕生65年を迎えて国際的な認知度もあるゴジラと共通点があるとのこと。

-
76
39
@sabako
sabako
@sabako

Rt @akisumitomo: 19世紀末までは日本では婚姻で女の姓が変わることはなかった。離婚も多く、19世紀末段階で英国の110倍、米国の3倍強の離婚率であった。養子も多く、家族形態は伝統的には大らかであった。それが1898年(明治31)の明治民法により夫婦同姓(氏の設定…

-
0
2.1k

Rt @akisumitomo: 19世紀末までは日本では婚姻で女の姓が変わることはなかった。離婚も多く、19世紀末段階で英国の110倍、米国の3倍強の離婚率であった。養子も多く、家族形態は伝統的には大らかであった。それが1898年(明治31)の明治民法により夫婦同姓(氏の設定…

-
0
2.1k
@VZNW2jIYkcQ2UP7
花田次郎
@VZNW2jIYkcQ2UP7

Rt @akisumitomo: 19世紀末までは日本では婚姻で女の姓が変わることはなかった。離婚も多く、19世紀末段階で英国の110倍、米国の3倍強の離婚率であった。養子も多く、家族形態は伝統的には大らかであった。それが1898年(明治31)の明治民法により夫婦同姓(氏の設定…

-
0
2.1k
@bamboo_shack
kenichiro takeda
@bamboo_shack

Rt @akisumitomo: 19世紀末までは日本では婚姻で女の姓が変わることはなかった。離婚も多く、19世紀末段階で英国の110倍、米国の3倍強の離婚率であった。養子も多く、家族形態は伝統的には大らかであった。それが1898年(明治31)の明治民法により夫婦同姓(氏の設定…

-
0
2.1k
@nooglejr
neegle
@nooglejr

Rt @akisumitomo: 19世紀末までは日本では婚姻で女の姓が変わることはなかった。離婚も多く、19世紀末段階で英国の110倍、米国の3倍強の離婚率であった。養子も多く、家族形態は伝統的には大らかであった。それが1898年(明治31)の明治民法により夫婦同姓(氏の設定…

-
0
2.1k
@chisensns1
知泉書館SNS
@chisensns1

Rt @akisumitomo: 19世紀末までは日本では婚姻で女の姓が変わることはなかった。離婚も多く、19世紀末段階で英国の110倍、米国の3倍強の離婚率であった。養子も多く、家族形態は伝統的には大らかであった。それが1898年(明治31)の明治民法により夫婦同姓(氏の設定…

-
0
2.1k

Rt @adachimuseum: 3/27は「#さくらの日」。桜は日本の代表的な樹木であり、横山大観も好んで描きました。大観は華やかなソメイヨシノではなく、ヤマザクラのような野生種の素朴な趣を好んだといいます。大観が描く儚く美しい桜の絵からは、日本の伝統的な精神や美意識が感じ…

-
0
11
@lambdhasnoteeth
ヨコサン
@lambdhasnoteeth

Rt @akisumitomo: 19世紀末までは日本では婚姻で女の姓が変わることはなかった。離婚も多く、19世紀末段階で英国の110倍、米国の3倍強の離婚率であった。養子も多く、家族形態は伝統的には大らかであった。それが1898年(明治31)の明治民法により夫婦同姓(氏の設定…

-
0
2.1k
@katayude0
カタユデ
@katayude0

Rt @akisumitomo: 19世紀末までは日本では婚姻で女の姓が変わることはなかった。離婚も多く、19世紀末段階で英国の110倍、米国の3倍強の離婚率であった。養子も多く、家族形態は伝統的には大らかであった。それが1898年(明治31)の明治民法により夫婦同姓(氏の設定…

-
0
2.1k
@TakamoriMikage
たかも
@TakamoriMikage

Rt @akisumitomo: 19世紀末までは日本では婚姻で女の姓が変わることはなかった。離婚も多く、19世紀末段階で英国の110倍、米国の3倍強の離婚率であった。養子も多く、家族形態は伝統的には大らかであった。それが1898年(明治31)の明治民法により夫婦同姓(氏の設定…

-
0
2.1k
@nagisaharuka00
🍓はる🍼
@nagisaharuka00

Rt @fudegami: 日本の名前の伝統的な付け方というなら夫婦同姓なんかにこだわるよりむしろ元服や昇進したら名前変えよう?その方が面白そう もちろん生まれてすぐつける本名は別にあるかもだけどそれは諱だから結婚相手とかにしか教えてはいけない、じゃないと陰陽師に呪われる、みた…

-
0
65
@ilikeblackcat39
鴉朱華〈ラル〉
@ilikeblackcat39

Rt @fudegami: 日本の名前の伝統的な付け方というなら夫婦同姓なんかにこだわるよりむしろ元服や昇進したら名前変えよう?その方が面白そう もちろん生まれてすぐつける本名は別にあるかもだけどそれは諱だから結婚相手とかにしか教えてはいけない、じゃないと陰陽師に呪われる、みた…

-
0
65

Rt @akisumitomo: 19世紀末までは日本では婚姻で女の姓が変わることはなかった。離婚も多く、19世紀末段階で英国の110倍、米国の3倍強の離婚率であった。養子も多く、家族形態は伝統的には大らかであった。それが1898年(明治31)の明治民法により夫婦同姓(氏の設定…

-
0
2.1k
@aircooledair
たま(空冷式)
@aircooledair

Rt @akisumitomo: 19世紀末までは日本では婚姻で女の姓が変わることはなかった。離婚も多く、19世紀末段階で英国の110倍、米国の3倍強の離婚率であった。養子も多く、家族形態は伝統的には大らかであった。それが1898年(明治31)の明治民法により夫婦同姓(氏の設定…

-
0
2.1k
@head_s
Head
@head_s

Rt @akisumitomo: 19世紀末までは日本では婚姻で女の姓が変わることはなかった。離婚も多く、19世紀末段階で英国の110倍、米国の3倍強の離婚率であった。養子も多く、家族形態は伝統的には大らかであった。それが1898年(明治31)の明治民法により夫婦同姓(氏の設定…

-
0
2.1k
@hmkeykkn
フラ
@hmkeykkn

Rt @akisumitomo: 19世紀末までは日本では婚姻で女の姓が変わることはなかった。離婚も多く、19世紀末段階で英国の110倍、米国の3倍強の離婚率であった。養子も多く、家族形態は伝統的には大らかであった。それが1898年(明治31)の明治民法により夫婦同姓(氏の設定…

-
0
2.1k

Rt @akisumitomo: 19世紀末までは日本では婚姻で女の姓が変わることはなかった。離婚も多く、19世紀末段階で英国の110倍、米国の3倍強の離婚率であった。養子も多く、家族形態は伝統的には大らかであった。それが1898年(明治31)の明治民法により夫婦同姓(氏の設定…

-
0
2.1k
@zuka_wakame
飯塚未生
@zuka_wakame

Rt @akisumitomo: 19世紀末までは日本では婚姻で女の姓が変わることはなかった。離婚も多く、19世紀末段階で英国の110倍、米国の3倍強の離婚率であった。養子も多く、家族形態は伝統的には大らかであった。それが1898年(明治31)の明治民法により夫婦同姓(氏の設定…

-
0
2.1k
@akaibooboo
J.Horiuchi
@akaibooboo

Rt @akisumitomo: 19世紀末までは日本では婚姻で女の姓が変わることはなかった。離婚も多く、19世紀末段階で英国の110倍、米国の3倍強の離婚率であった。養子も多く、家族形態は伝統的には大らかであった。それが1898年(明治31)の明治民法により夫婦同姓(氏の設定…

-
0
2.1k
@quilleroinjpn
きじぇーろ
@quilleroinjpn

Rt @akisumitomo: 19世紀末までは日本では婚姻で女の姓が変わることはなかった。離婚も多く、19世紀末段階で英国の110倍、米国の3倍強の離婚率であった。養子も多く、家族形態は伝統的には大らかであった。それが1898年(明治31)の明治民法により夫婦同姓(氏の設定…

-
0
2.1k
@solobanzuku
そろばんずく
@solobanzuku

Rt @akisumitomo: 19世紀末までは日本では婚姻で女の姓が変わることはなかった。離婚も多く、19世紀末段階で英国の110倍、米国の3倍強の離婚率であった。養子も多く、家族形態は伝統的には大らかであった。それが1898年(明治31)の明治民法により夫婦同姓(氏の設定…

-
0
2.1k

Rt @akisumitomo: 19世紀末までは日本では婚姻で女の姓が変わることはなかった。離婚も多く、19世紀末段階で英国の110倍、米国の3倍強の離婚率であった。養子も多く、家族形態は伝統的には大らかであった。それが1898年(明治31)の明治民法により夫婦同姓(氏の設定…

-
0
2.1k
Load More